家族葬・温かにお見送りができる素敵な葬儀

PR|大阪での家族葬は|

これまでの祖父祖母の葬儀は互助会と会館を使って親族と弔問客で50人位の規模で執り行ってきましたが、最愛の母が亡くなった時に母の遺言に従い、近しい身内と親しい友人のみで自宅での家族葬で見送ることになりました。

互助会の場合は、スタッフの方が準備から後処理まですべてを担当してくれるので喪主も施主も指示に従うだけでしたが、家族葬ではある程度のことは自分でやらなければいけません。

とはいっても湯灌から出棺や火葬場の手配は葬儀屋さんで準備して下さいましたので、あとは進行、おもてなし、供物なども形式張らずに弔問に来てくれた身内と相談しながら和やかに執り行うことができました。

住み慣れた自宅で親しい人や身内だけであまり気を遣うこともなく、遠方から駆けつけてくれたので数年ぶりに会う喜びの笑顔と哀悼の涙が入り混じる温かなお葬式となりました。

「お母さんはきっとこんなお葬式を望んでいたんだなぁ・・・。」と半年経った今も実感しています。

葬儀は故人とのお別れの儀式ですが、ともに遺族を慰める儀式でもあると思います。

母の家族葬では、お葬式のスタイルによって悲しみの和らぎ方や、お別れの悲壮感の感じ方に大きな違いがあることを経験しました。

遺族自身が手配するものもある家族葬ならではの「○○が足りない!」などのハプニングも良い思い出になりました。

自分のお葬式もこうした内輪での家族葬か自宅葬がいいな、と思っています。

ちなみに家族葬とは、一般の会葬者を招かず、家族や近親のみで執り行われるお葬式のことです。ごく親しい友人や知人が参列することもありますが、基本的には家族側からそういった願いがあった場合のみとされています。

たまたま長い付き合いがあったことで、参列することになりました。家族葬というものに初めて参列しましたが、本当にシンプルなお葬式だと感じました。本来お葬式と言えば喪服を着用するのが普通ですが、その家族葬では普段着での参列でした。重々しい雰囲気ではなく、家族、近親者のみで静かに安らかに送り出すといった雰囲気で、これはこれでいいなと思いました。形式ばった様子もなく、香典なども一切なしでした。本当に亡くなった方の顔を最後に見て、送り出してあげるといった目的で参列することができました。

盛大で、形式に沿ったお葬式やもそれはそれでいいと思いますが、シンプルで温かな雰囲気の漂う家族葬もいいものだなと実感しました。

PR|GetMoney|JALカード|心の童話|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|お小遣いNET|サプリメント|貯蓄|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|