家族葬を行った体験

長期間患っていた叔母が病院で亡くなりました。

叔父がすでに先に亡くなっており、子供がいなかったので葬儀をどうするかを親戚で話し合い家族葬を行う事にしました。

家族葬を行っている葬儀社を、探してその葬儀社にお願いしました。

お通夜と葬儀は、葬儀社が持っている会館を借りて行う事になりました。

葬儀の経験がなく段取りが分かりませんでしたが、葬儀社の人がカタログを見せてくれ選ぶだけたったので、何とかなりました。

家族葬を選んだので、お通夜も親戚だけで叔母の遺体に寄り添い叔母の思い出話しをしました。

葬儀もほとんど誰にも知らせていなかったので、参列者がいなかったので気を遣う事無く済みました。

本当に親戚だけで行ったので、参列者に挨拶などもする事もなく精神的は楽な葬儀を行う事が出来ました。

逆に他の人がいない事で、叔母が亡くなった事を親戚一同が実感して涙を遠慮なく流す事が出来ました。

葬儀社の人もサポートしてくれたおかげで無事に叔母の最期を親戚で見送る事が出来ました。

PR|お葬式は城東のフローラルホール